事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

経産省 明和町商工会の有効期限の長い商品券発行計画を認定

月刊事業構想編集部(2019/9/5)

0
​ ​ ​

経済産業省は、2019年9月4日、群馬県の明和町商工会から申請されていた、有効期限が半年を超えるプレミアム付き商品券の発行計画を認定したと発表した。産業競争力強化法に基づくもの。消費税引き上げによる町内消費の落ち込みを抑制する狙いがある。

今回は明和町商工会が、地域産業振興事業として、産業競争力強化法において措置された新事業特例制度を活用する。これにより、有効期限が半年以上のプレミアム付き商品券を発行できるようになる。

産業競争力強化法に基づく新事業特例制度は、企業単位で規制の特例措置を適用する制度。民間企業が規制の特例措置の整備を政府に求めると、政府が検討・協議を行い、その可否を判断する。通常、資金決済法では、有効期間が6カ月を超える商品券を発行する場合、未使用残高が1千万円を超えたときは、残高の2分の1以上の額に相当する額の発行保証金を供託しなければならない。しかし2014年に商工会・商工会議所の要望を踏まえ、財務内容の健全性の確保などを条件に、有効期限が3年を超えないプレミアム付き商品券について、発行保証金の供託に関する規制が適用除外となる特例措置が整備された。

meti1710b.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる