事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

備中農園 氷感サプライの特殊冷蔵庫で熟成させたジャガイモが金賞

月刊事業構想編集部(2019/8/29)

0
​ ​ ​

 備中農園(岐阜県岐南町)の「零熟インカのめざめ」が、2019年8月度の野菜ソムリエサミットで最高金賞を受賞した。この商品は、氷感サプライ(愛知県知多市)の「氷感庫」で収穫後に6カ月以上熟成させたジャガイモ。トウモロコシや栗、サツマイモのような甘さがある点などを高く評価された。

備中農園では、氷感コールドチェーンで厳しく流通管理を行う「朝生とうもろこし」が2019年7月度に野菜ソムリエサミットの銀賞を受賞している。氷感サプライでは、食材に静電エネルギーを与えることで、0度付近でも凍らせずに長期保存することを可能にする技術を開発。この技術を使った特殊冷蔵庫である氷感庫は、野菜の鮮度保持や肉・魚の熟成などに用いられている。

日本野菜ソムリエ協会では、農産物の価値向上と農業活性化を目指した品評会「野菜ソムリエサミット」を毎月開催している。2019年8月度は最高金賞1品、銀賞7品が選ばれた。

インカのめざめ.png
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中