事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

横浜市、相鉄バス、群大 大型バス営業自動運転を実施

月刊事業構想編集部(2019/8/29)

0
​ ​ ​

 横浜市、相鉄バス、群馬大学は、大型バスによる営業運行での自動運転実証実験を実施すると2019年8月27日に発表した。9月14日から10月14日まで、よこはま動物園正門と里山ガーデン正面入口間の約900mを1日16往復する。

横浜市郊外部における交通ネットワークの維持や、人口減少に伴う労働力不足への対応を目的としている。実験は自動運転レベル2に相当するもので、相鉄バスの運転士が同乗し、安全確保に支障を及ぼす恐れがある場合は手動運転とする。里山ガーデンフェスタ開催に合わせて実験を行い、同フェスタ実行委員会の依頼による貸切営業として運行するため運賃は無料。相鉄バスが所有する大型ハイブリッド自動運転バスを使用する。各運行で、定員は先着順25名。

横浜市相鉄バス.png
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる