事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

国土交通省 歩きたくなるまちなかの道を検討する懇談会を設置

月刊事業構想編集部(2019/8/27)

0
​ ​ ​

国土交通省は、歩き回って楽しめるまちなかの「ストリート」を検討する「ストリートデザイン懇談会」を2019年8月29日に開催する。居心地のよい、歩きたくなるストリートに向けて、様々な分野の有識者が多角的に議論する。検討の内容は、ストリートの使い方・作り方と、これらの取組みを支える仕組みについて。

今のところ、4回の懇談会の開催を予定しており、中間とりまとめは2019年度内に公表する。ストリートの使い方・作り方・支え方をまとめたガイドラインを策定することを目指す。29日の第1回目の懇談会では、三浦詩乃・横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院助教と、泉山塁威・東京大学先端科学技術研究センター共創まちづくり分野助教が総論としてプレゼンテーションし、有識者委員が「これからのストリートに求められるもの」について議論する。
 
10月1日に予定している第2回懇談会では、街路や公共空間の使い方に焦点を当て、ゲスト委員の泉英明・ハートビートプラン代表取締役と西村浩・ワークヴィジョンズ代表取締役(月刊事業構想2019年2月号参照)がプレゼンテーション。「都市生活を豊かにするアクティビティ」をテーマに議論していく計画だ。 

ストリート阿佐ヶ谷.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる