事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

とくし丸 甲信越・関西のスーパーと事業提携

月刊事業構想編集部(2019/7/18)

0
​ ​ ​

2019年7月17日、オイシックス・ラ・大地(東京都品川区)の子会社であるとくし丸(徳島県徳島市、月刊事業構想2018年5月号参照)は、スーパーを経営するデリシア(長野県松本市)と松源(和歌山県和歌山市)と事業提携をしたことを発表した。

とくし丸は、地域の中小規模スーパーや個人商店の重なる廃業により、買い物難民となった高齢者を主な対象とした、移動スーパーを提供している。販売パートナーである個人事業主が地域のスーパーと提携し、店舗から商品を借りて販売代行するという形式だ。地域の過疎化や高齢者の増加、高齢化による免許証の返納などといった社会的背景から、移動スーパーのニーズは高まっており、2019年5月には月間流通総額が8億円を超えている。また、地域の自治体や警察署などと連携し、高齢者の見守り・詐欺事件の防止など、パトロールとしての役目も果たしている。

今回の事業提携により、デリシアと松源が展開しているエリアでのとくし丸のサービス展開が可能になった。同社は今後も、更なる事業推進を目指していく。

とくし丸.png
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる