事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

長崎県平戸市 城泊開始へJALなどと基本協定締結

月刊事業構想編集部(2019/7/12)

0
​ ​ ​

長崎県平戸市は、「平戸城懐柔櫓(かいじゅうやぐら)宿泊施設化改修・運営事業」において、Kessha(東京都目黒区)、アトリエ天工人、日本航空の3社による「平戸城「城泊」JV」を優先交渉権者として選定した。2019年7月11日に基本協定書を締結した。

城を常設の宿泊施設とするのは日本では初めて。欧州富裕層などのインバウンド旅行者をターゲットに、2020年夏の開業を目指す。平戸城は日本100名城にも選定されており、大規模改修に合わせて海に面した懐柔櫓を宿泊施設化するための公募が行われた。

平戸市は、2017年に、Kesshaの親会社の百戦錬磨と共同で「平戸城キャッスルステイ無料宿泊イベント」を実施。国内外の約7500組が応募するなど人気を集め、平戸市の欧米圏の観光集客につながった。今回の事業では、全体プロデュースおよび施設運営をKesshaと百戦錬磨が担当し、施設の設計・監理を天工人が、プロモーション・送客をJALが手掛ける。

平戸城天守閣.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる