事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

東急不動産、ソフトバンク 東京・竹芝地区でスマートシティ構築へ

月刊事業構想編集部(2019/7/10)

0
​ ​ ​

2019年7月9日、東急不動産とソフトバンクは、東京湾岸の竹芝地区(東京都港区)において、共同でまちづくりを行い、スマートシティの共創を目指すことを発表した。

東急不動産は竹芝地区で東京都の「都市再生ステップアップ・プロジェクト」の一つである、「(仮称)竹芝地区開発計画」を手がけている。国際ビジネス拠点の創出を目指すもので、ソフトバンクと共同での街づくりもその一環。東急不動産の都市開発やエリアマネジメントに関する知見と、ソフトバンクのテクノロジーや知見という両社の強みを活かし、スマートシティの構築を目指す。

具体的には、ロボティクス、モビリティ、AR、VR、5G、ドローンなど、様々な最先端のテクノロジーを街全体で活用できるよう、検証を行う。ビル内の監視カメラの画像分析やセンサーからの情報により、不審者や異常行動、設備の不具合を検出し、効果的な警備を行ったり、飲食店の混雑状況を可視化したり、公共交通機関の遅延が生じた場合には素早く代替の移動法を提案したりできるようにする。また、それらを検証したい企業や団体の募集も行う予定だ。都市再生や、産業振興を加速させることが目的である。

Takeshiba_image.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる