事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

伊豆急 ワーケーションに向けシェアオフィスを伊豆高原に開設

月刊事業構想編集部(2019/7/2)

0
​ ​ ​

伊豆急ホールディングス(静岡県伊東市)など伊豆急グループは、東京急行電鉄と連携し、2019年7月17日に伊豆急行線伊豆高原駅にサテライトシェアオフィス「VacationOffice伊豆高原駅」を開設する。伊豆急行線沿線でのワーケーションを推進する試みだ。総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府が国民運動として展開する「テレワークデイズ2019」に賛同し、 実施するもの。

「VacationOffice伊豆高原駅」は、 伊豆高原駅直結の商業施設「伊豆高原やまもプラザ」内に開設し、個人向けのスペースのほか会議室1室を備える。利用料は1人3時間500円。東急電鉄が運営するサテライトシェアオフィス「NewWork」と提携しており、NewWorkの会員は提携料金で利用可能だ。出張者やフリーランサーのほか、伊豆の住人の利用も想定している。

伊豆急グループでは、将来的な伊豆エリアの定住人口拡大を目指し、様々な取組を実施している。2019年には、年間を通じてテレワークを推進することを目的に、「テレワークde伊豆」と称する一連の企画を実施する。第1弾はテレワークデイズのコア日である7月24日に、タイムシェアリゾート「東急バケーションズ伊豆高原」などにおいて開催されるワーケーション体験イベント。この開催にグループとして協力する。

Izukyu_wocation.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる