事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

東京・お台場で初開催 「未来まちづくりフォーラム」へ期待を語る

月刊事業構想編集部(2019/2/20)

0
​ ​ ​

2019年3月7日にヒルトン東京お台場で初開催される「未来まちづくりフォーラム」。「企業の力を地方創生に活かす」を理念に、新たな共創の可能性を探る狙いがある。開会が迫った今、実行委員長の笹谷秀光氏と登壇者の村上周三氏が、期待を語り合った。

未来まちづくりフォーラムは、サステナブルブランド東京と「企業の力を地方創生に活かす」点でミッションが合致し、今回の会期2日間のうち1セッションとして開催に到った。自治体がフィールドを、企業がノウハウをそれぞれ提供し、お互いの共創から新たな地方創生のあり方を探る考えだ。

登壇者の一人で、建築学が専門の村上周三氏(写真左、建築環境・省エネルギー機構 理事長、東京大学 名誉教授)は「これまで日本のまちづくりは、行政主導の色彩が濃いものでした。市民が自発的に行動し、企業の力を地方創生に活かす方策を探ることが本フォーラムの狙いです。また、そもそもまちづくりはベストプラクティスの質を高め、全体の水準を上げることが重要です。企業の皆さまには、セッションで報告される優良事例に学び、自社のみならず業界のブランド価値向上にむけて取り組んでいただきたいと思います」と期待を寄せた。

未来まちづくりパノラマ.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる