事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

JR東主要駅に「MAMORIO Spot」を設置へ

月刊事業構想編集部(2019/2/7)

1
​ ​ ​

MAMORIO(東京都千代田区、月刊事業構想2018年2月号参照)と東日本旅客鉄道(JR東日本)は共同で、忘れ物自動通知サービスの本運用を開始する。2019年2月6日に発表した。本運用開始は2019年2月18日から。

MAMORIOが販売している紛失防止タグ「MAMORIO」を付けたバッグや財布などが、JR線内の51駅の「お忘れ物承り所」に届けられた場合に、所持品の所在地をアプリをインストールした持ち主のスマートフォン端末に自動的に通知するものだ。このサービスのため、主要駅の忘れ物集積所に、専用アンテナ「MAMORIO Spot」を設置する。

MAMORIOとJR東日本は2018年から、東京、上野、大宮、千葉の各駅の忘れ物承り所に専用のアンテナを設置し、試験運用を行っていた。試験の結果、一定の効果が見込まれたことから、サービス対応箇所を拡大する。

東京駅.jpg
1
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる