事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

よみうりランド 利用者数倍増へ植物園と水族館を増設へ

月刊事業構想編集部(2019/2/7)

0
​ ​ ​

よみうりランドは、2019年から2028年までの成長戦略を2019年2月6日に公表した。同社の設立は1949年で、今年9月に創業70周年を迎える。遊園地、公営競技の施設提供、ゴルフの3大事業を基幹ビジネスとしつつ、新規事業に積極的に取り組む姿勢を示した。

現在の遊園地と隣接する地域に、読売巨人軍が新しい2軍球場を設置するのに合わせ、集客力を向上させる新施設を増設する。具体的には、水族館と植物園の新設を検討している。また、遊園地でも、モノづくりと遊びを融合させた「グッジョッバ!!」を拡大リニューアルし、新しいファミリー向けの施設や、大型のアトラクションを新設する方針だ。

これにより、10年後の売上高は330億円と現在の1.5倍に、営業利益は57億円と現在の2.5倍にする目標を打ち出している。遊園地にキッズ施設と温浴施設を合計した総合レジャーエリアの利用者数は10年後に685万人と現在の2倍に、遊園地とプール、水族館と植物園を合計した「スーパー遊園地」エリアの利用者数は433万人で現在の2.3倍に、それぞれ拡大する計画だ。

よみうりランド.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる