事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

阪急阪神HD ミニトマト通年栽培で農業参入

月刊事業構想編集部(2019/2/5)

0
​ ​ ​

阪急阪神ホールディングスグループは、農業ビジネスに参入することを2019年2月4日に発表した。まずは、兵庫県姫路市に設置する栽培ハウスで、高糖度ミニトマトの通年栽培に取り組む。

農業事業は、新規事業開発を担当する子会社のライフデザイン阪急阪神(大阪市)が、農業ベンチャーのオーガニックソイル(東京都中央区、関連記事)と業務提携して進めていく。オーガニックソイルは、独自に配合した土や肥料と、太陽光利用型環境制御ハウスによる栽培、糖度の計測・選果により、年間を通して安定的に高糖度ミニトマトを生産・供給する技術を持つ。ライフデザイン阪急阪神では、オーガニックソイルから栽培技術の提供を受けながら、2019年夏に生産を開始し、年間80トンの販売を目指す。

阪急阪神ミニトマト.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる