事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

ワークスと国語研 日本語の機械処理向上に向け共同研究開始

月刊事業構想編集部(2018/12/26)

0
​ ​ ​

ワークスアプリケーションズ(東京都港区、月刊事業構想2017年7月号参照)のAI研究機関であるワークス徳島人工知能NLP研究所は、大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立国語研究所(国語研)と、AIに欠かせない自然言語処理の重要な情報の1つである「単語ベクトル」において、共同研究協定を締結した。2018年12月25日に発表した。

共同研究では、国語研が保持する100億語規模の日本語データベース「国語研日本語ウェブコーパス(NWJC)」と、ワークス徳島人工知能NLP研究所が開発した新たな形態素解析器「Sudachi」を使って、より実用的な「単語ベクトル」を構築する。単語ベクトルは、単語の特徴を数値化したもの。これによりコンピュータが単語の類似性や関連性を捉えることが可能となり、高精度な検索や翻訳、テキストマイニングや自動会話が実現する。両者は、今回の研究成果をオープンソースソフトウェアとして無償公開する計画だ。

Teikei_shakehands.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる