事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

旅行業者と住宅宿泊仲介業者 住宅宿泊協会を設立へ

月刊事業構想編集部(2018/12/12)

0
​ ​ ​

国内の旅行業者と民泊仲介業者9社は、2019年初旬にも、一般社団法人住宅宿泊協会(Japan Association of Vacation Rental、JAVR)を設立する。2018年12月11日に発表した。

Agoda International Japan、Airbnb、ブッキング・ドットコム、Ctrip International Travel Japan、スペースマーケット、途家在線信息技術(北京)有限公司、百戦錬磨、HomeAway、楽天LIFULL STAYは、住宅宿泊協会設立準備会を5月に立ち上げ、観光庁とも協力しながら設立に向けた議論を進めてきた。9社の代表は、住宅宿泊協会の設立時の理事に就任する予定だ。

同協会は、業界団体として、住宅宿泊事業やその仲介業、国家戦略特区内の民泊、イベント民泊などの関連事業の健全な発展を目指す。適正な運営の確保や、認知向上、制度環境の整備などに向けた活動に取り組む計画だ。

travel.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる