事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

ティアフォー 英米企業と自動運転OSの国際業界団体設立

月刊事業構想編集部(2018/12/11)

0
​ ​ ​

ティアフォー(名古屋市、月刊事業構想2018年12月号参照)は、米Apex.AI社、英Linaro社と共同で、自動運転OSの業界標準を目指す国際業界団体「The Autoware Foundation(AWF)」(東京都文京区)を設立することを2018年12月10日に発表した。代表理事は、東京大学大学院情報理工学系研究科准教授の加藤真平氏が務める。AWFでは、ティアフォーが開発し、無償の自動運転OSとして国際的に導入が広がる「Autoware(オートウェア)」を世界中に普及させ、自動運転を早期に実現するために、参画企業が実用化に取り組む。

AWFは(1)Autoware.AI、(2)Autoware.Auto、(3)Autoware.IOの3カテゴリで、Autowareに関する種々のプロジェクトを発足させ、発展させていくために、非営利団体として活動する。(1)のAutoware.AIは、2015年から続くAutowareプロジェクトを踏襲するカテゴリ。Autowareは、主に研究開発用途で、国内外で100社以上、30種類以上の自動運転車両に導入されている。(2)Autoware.Autoは、Autoware.AIを機能・安全性の観点から見直し、新しい車載用Autowareを開発するカテゴリ。(3)のAutoware.IOでは、Autoware向けの様々なアーキテクチャや、車両制御インタフェース、サードパーティ製ソフトウェア、ツール関係を取りまとめる。

AWF設立時の参画企業・団体は以下の18社・団体。

ARM、AutoCore、AutonomouStuff、eSOL、Huawei/HiSilicon、Intel Labs、Kalray、LG Electronics、名古屋大学、Open Robotics (OSRF)、Parkopedia、RoboSense、SEMIジャパン、SiFive/RISC-V Foundation、StreetDrone、トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント (TRI-AD)、Velodyne LiDAR、Xilinx

AI.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる