事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

chaintope 地方創生ICOの検討を開始、長崎県平戸市と

月刊事業構想編集部(2018/12/4)

0
​ ​ ​

chaintope(福岡県飯塚市、月刊事業構想2018年11月号参照)と一般財団法人日本地方創生ICO支援機構は、2018年12月3日、地方創生ICO実施に向けた検討を開始したと発表した。今回は長崎県平戸市と協力し、民間事業者が主体となってICOを目指す。

デジタル通貨(トークン)の発行主体は、新しく設立予定の「一般社団法人フィンランドコイン協会」となる。平戸市は、2018年6月、ユネスコ世界文化遺産の「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」に登録された。これにより、海外からの観光客が増加すると予測されている。 chaintopeでは、トークンの活用により、為替リスク解消や、外国人旅行者の決済利便性向上が実現されると期待している。

平戸.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる