事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

損保ジャパン日本興亜 水中事故調査に水中ドローンを導入

月刊事業構想編集部(2018/11/21)

0
​ ​ ​

損保ジャパン日本興亜は、2018年10月から、船舶や港湾施設向けの損害調査に水中ドローンを導入したことを発表した。損害調査に水中ドローンを使うのは、損保業界では初めて。

これまで、陸上から見えない船底部や、港湾岸壁の水中の損害調査にはダイバーが従事してきた。しかし、ダイバーの人手不足や、事故現場の環境が危険すぎるなどの理由で、事故直後に調査ができないという問題が生じていた。そこで同社は、SIX VOICE(東京都渋谷区)の「水中ドローン」を調査に導入することを決めた。ドローンの操作には習熟が必要なため、活用実績が豊富な國富(東京都中央区)とも連携する。

SOMPO水中ドローン.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる