事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

古河市が古民家宿泊で協力協定を締結 ホームアウェイなどと

月刊事業構想編集部(2018/10/10)

0
​ ​ ​

茨城県古河市、一般社団法人茨城県古民家再生協会(茨城県古河市)は、米ホームアウェイ、楽天LIFULL STAYと、2018年10月9日に「古河市における歴史的建築物活用に関する協力協定」を締結した。古河市は日光街道の宿場町として栄えた町で、歴史遺産が多く残されている。

古河市内にある古民家などの歴史的建築物を活用し、事業活動を連携・協力して実施する。協定に基づき4者は、1)歴史的建築物の情報共有に関すること、2)歴史的建築物の保存・活用に関すること、3)歴史的建築物を活用した観光振興に関すること、4)歴史的建築物を活用した地域活性化に関すること、などについて協力していく。

具体的な施策としては、古民家をはじめとする歴史的建築物をバケーションレンタル用の宿泊施設として活用することや、国内外の旅行客に向けて古民家や地域の魅力を発信し、長期滞在を促すことなどを計画している。第1弾として、古河市恩名に所在する築144年の物件を、2020年を目途にバケーションレンタル用に改装し、宿泊施設として運用する予定。この物件は、東京ドーム約2個分の広さの敷地内にあり、友人同士のグループや家族連れが宿泊できる、一軒家タイプの宿泊施設となる。

古民家のレンタルでは、古河市・茨城県古民家再生協会が物件情報を提供し、楽天LIFULL STAYが開業までのサポートや、施設の運用代行を担う。集客などのマーケティングはホームアウェイと楽天LIFULL STAYが共同で手掛ける。貸し出す物件については一般社団法人全国古民家協会による「古民家宿泊鑑定」を行い、宿泊施設としての安全性を担保する。

Koga_oldhouse.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる