事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

愛知県 農業支援外国人を派遣する企業に適合通知書を交付へ 全国初

月刊事業構想編集部(2018/8/8)

0
​ ​ ​

愛知県は、アルプス技研が、農業支援外国人受入事業の下、政令で定める特定機関としての条件を満たすことを確認したと発表した。同基準の確認は全国で初めて。2018年8月9日に、適合の通知書を知事から事業者へ交付する「愛知県『第一号』適合事業者通知書交付式」を愛知県公館にて実施する。

愛知県は、国家戦略特別区域内において農業支援活動のための外国人を受け入れる、農業支援外国人受入事業を実施している。この事業では、派遣事業者が外国人農業支援人材と雇用契約を結び、農家に派遣する。派遣事業者は、適正受入管理協議会の管理の下で、外国人材を受け入れることになっている。愛知県では2018年4月に、適正受入管理協議会を設置し、派遣事業者の募集を行っていた。

farmer.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる