事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

JR四国 四国で簡易宿所事業を開始 京都に続く2カ所目

月刊事業構想編集部(2018/7/31)

1
​ ​ ​

JR四国は、徳島県三好市池田町で簡易宿所「4S STAY 阿波池田駅前(仮称)」を開業することを2018年7月30日に発表した。JR四国は京都に「4S STAY京都九条」を開業しているが、四国では今回が初めて。

11月に宿泊客の受け入れを開始する計画だ。JR阿波池田駅前商店街の中央に位置する空き店舗を改装し、最大で20人が宿泊できる規模の施設とする。阿波池田の周辺には、祖谷・大歩危などの観光スポットが多く、訪日外国人観光客の需要が増加傾向にあることから、開設を決めた。

JR四国では、「4S STAY 阿波池田駅前」を中心に、四国における簡易宿所の展開を計画している。また、JR四国の観光列車「四国まんなか千年ものがたり」をはじめとする鉄道利用との相乗効果を目指す。

運営の形態は、JR四国が旅館業法の簡易宿泊営業許可を取得し、建物所有者と賃貸借契約を締結。宿泊業務は、三好市において民泊・飲食施設を運営をしているオウライに委託し、同社が運営管理を行う。

祖谷.jpg
1
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる