事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

ソフトバンク子会社、インド企業と連携してスマホ決済サービスを開始

月刊事業構想編集部(2018/7/30)

0
​ ​ ​

ソフトバンクとヤフーの合弁会社として2018年6月に設立されたPayPay(東京都千代田区)は、2018年秋から、QRコードなどを使ったスマホ決済サービス「PayPay」の提供を開始すると2018年7月27日に発表した。

PayPayの決済サービスを導入する店舗側が負担する決済手数料は、開始から3年間無料にする。決済プロセスとして、店舗側が提示したQRコードをユーザーがアプリで読み取る方式と、ユーザーが提示したバーコードやQRコードを店舗側がレジでスキャンする方式の両方を用意する。

PayPayの提供開始に伴い、「Yahoo!ウォレット」のスマホ決済機能は提供を終了し、Yahoo! JapanアプリからPayPayの機能を利用できるようにする予定だ。決済システムの構築には、ソフトバンク・ビジョン・ファンドの投資先であるインドPaytm社と連携し、同社のテクノロジーを用いる。Paytm社は既に、モバイル決済サービスを3億人のユーザー、800万の加盟店に提供している実績がある。

Cyberspace.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる