事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

旺文社ベンチャーズ EdTechに特化した10億円のファンドを組成

月刊事業構想編集部(2018/7/6)

0
​ ​ ​

旺文社ベンチャーズ(東京都千代田区)は、10億円のファンドを組成したことを2018年7月4日に発表した。国内外の教育ICT企業に、1案件最大5000万円を投資することを想定している。

旺文社は、通信添削や模擬試験などを主軸に、様々なデバイスを用いた学習コンテンツ、学習アプリを提供している。旺文社ベンチャーズからの投資を通じて、教育系のスタートアップ企業と連携していく考えだ。投資先としては、認知科学、教育用ロボット、人工知能、VR、ARなどの技術を用いたEdTech、および教育分野におけるAdTechで、旺文社や関連企業との事業シナジーのある企業が候補になる。ただし、短期的にはシナジーが望めなくても、将来性が見込める企業には投資する方針だ。

海外の投資先は、EduLab(東京都港区)と連携して探索する。同社は、EdTechスタートアップコンペティション「The Global Edtech Startup Awards(GESA)」の2018年度日本予選を主催している企業。両社で協力し、中国やインド、シンガポールなどのアジア圏、北米などの有望なEdTechスタートアップに投資領域を広げていく。

勉強.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる