事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

アスクル オフィスビル内保管所から商品を配達する実証実験を開始

月刊事業構想編集部(2018/7/4)

0
​ ​ ​

アスクルは、様々な商品をオフィスビル内の拠点に一時保管し、注文を受けてから近隣の顧客に商品を配送する実証実験を7月12日から東京ミッドタウンで開始する。経済産業省の「グレーゾーン解消制度」を用いて、一時保管所を貸与するビル側に倉庫業法上の登録が不要であることを確認した。ネット通販の商品配送の効率を上げる効果を、同社では期待している。

物流倉庫からの配送と、顧客への宅配を分離して実施する実験で、東京ミッドタウンマネジメントと佐川急便が協力する。今回の実証実験で取り扱うのは、アスクルの法人向け通販サービス「ASKUL」の、アスクルオリジナルコピー用紙(A4)のみだが、商品の種類は今後、増やす予定だ。

アスクルでは、過去のデータなどを解析して需要予測を立て、注文を受ける前に一定数の商品を事前出荷し、これを配送エリア近隣に借りたスペースに一時保管しておく。顧客から注文があれば、台車で納品する。事前出荷の際は、車両の空きスペースを活用し、輸送車両の積載効率を高めることで、配送量の平準化と生産性向上を実現する計画だ。顧客には、注文から配達までの時間を短くできるという利点がある。

Keisan_askul.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる