事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

ヤンマー 全自動ロボットトラクターを10月に発売

月刊事業構想編集部(2018/6/28)

0
​ ​ ​

ヤンマーは、グループ企業のヤンマーアグリから、自動運転トラクター「SMARTPILOT」シリーズを2018年10月1日に発売すると発表した。農作業の省力・省人化と効率化を目指したもの。既存のYTトラクター・シリーズを改装することで自動運転仕様にすることも可能だという。

自動運転トラクターには「直進モード」と「オートモード」がある。直進モードでは、直進のみ自動で、旋回などの運転操作は手動で行う。「オートモード」では、自動直進と、旋回時のハンドル操作、作業機の昇降などを操作を自動で行う。オペレーターの人数や作業者のスキル、作業に応じて、モードは切り替えが可能だ。

トラクターの操作は10.1インチのタブレットで行う。2台のトラクターで協調作業を行う際には、有人トラクターから随伴する無人トラクターを操作する。位置情報の取得には衛星と基地局からの電波を用いるが、ヤンマー独自の基地局を設置すれば、精度の高い補正情報を取得できるようになる。

無人で動作するトラクター周囲の安全性確保策としては、レーザーや超音波で物体との距離を計測するセンサー、全方向から自動走行の状態を確認できる3色のセーフティランプを設置した。自動運転中にエンジンが停止すると、自動でブレーキがかかるセーフティブレーキも装備している。

robot_trackter.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる