事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

敦賀国際文化フェス 規模拡大へクラウドファンディング開始

月刊事業構想編集部(2018/6/25)

0
​ ​ ​

特定非営利法人THAP(タップ)、丹青社(東京都港区)、イグニション・ポイント(東京都渋谷区)は、2018年秋に福井県敦賀市で開催予定のイベント「敦賀国際文化交流フェスティバル」の講師招聘費用として、クラウドファンディングを用いた資金調達を2018年6月22日に開始した。使用するクラウドファンディングサービスは「Readyfor」で、目標額は200万円。

同イベントは、敦賀市と地元企業・団体などに加え、ポーランド、リトアニア、オランダ、イスラエルの関係団体と連携して開催するもの。4カ国の文化に精通した人をワークショップの講師として招くためと、イベントの広報の一環としてクラウドファンディングを活用する。

敦賀港は、1920年代にポーランド孤児を、1940年代には杉原千畝が発給した「命のビザ」をもつユダヤ人難民が上陸した港という歴史がある。イベント開催には、敦賀港の歴史的役割を市民に再認識させ、また国内外に向けた情報発信で敦賀のブランド力の向上につなげる狙いがある。

Tsurugaport.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる