事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

ウォンテッドリー、京都銀行と業務提携 若手人材不足の解決を支援

月刊事業構想編集部(2018/6/7)

0
​ ​ ​

ウォンテッドリー(東京都港区)は、京都銀行と業務提携契約を締結したことを2018年6月6日に発表した。京都銀行の取引先が抱える、若手の人材不足などの課題解決に向けた支援を、両社で提供する。

 ウォンテッドリーは、2012年2月からビジネスSNS「Wantedly」を運営しており、登録社数は2万5000社、月刊の利用者数は200万人となっている。また、求人を行っている企業とビジネスパーソンをマッチングする「Wantedly Visit」は、 20~30 代の若手層に支持されている。

 ウォンテッドリーが関西地区の金融機関と提携するのは初めて。有効求人倍率が10カ月連続で1.5倍を超えている京都で、「Wantedly Visit」を介して、共感の力で20~30代の若手層の採用を支援する。京都銀行から「Wantedly Visit」を紹介された企業には、ウォンテッドリーで運用サポートを提供する計画だ。

Teikei_shakehands.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中