事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

自治体マーケティング広報フォーラム 東京・表参道で開催

月刊事業構想編集部(2018/5/22)

0
​ ​ ​

宣伝会議と事業構想大学院大学、社会情報大学院大学は、2018年5月22~23日、自治体マーケティング広報フォーラム2018を開催する。同フォーラムは、「シティープロモーションの知の集約の場」として、自治体がプロモーションやマーケティングを効果的に実施するために参考になる、自治体の戦略・先行事例や企業のサービスなどを紹介するもの。2日間で、自治体や企業などから、延べ1800人の参加を見込んでいる。

22日には、奈良県生駒市の小紫雅史市長が「自治体3.0のまちづくり」のタイトルで講演した(下写真)。市民をお客様として扱い、行政主導で物事を進める「自治体2.0」に対し、市民とともに汗をかき、事業を協創するのが「自治体3.0」だ。地域に関わる人の方が市民満足度は高く、定住希望率も高くなる。皆で楽しみ、皆で課題を解決するという取り組みだが、その実現には、地域愛と行動力から成る「市民力」が不可欠。市長が呼び掛けて、市民と事業者・行政がともに汗をかくまちづくりを実施し、地域の活力や魅力を向上させようとしている。

フォーラム1日目にはこのほか、秩父地域おもてなし観光公社事務局長の井上正幸氏、渋谷区観光大使ナイトアンバサダーのZeebra氏などが登壇し、地域からの情報発信、国内外の動向を紹介。23日には、佐賀県と福岡県春日市の広報広聴担当者、佐賀市のシティプロモーション担当者が登壇し、各自治体での成功事例を語る。

Ikoma180522.jpg DSC_4767.JPG
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる