事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

川口市、SBドライブほか 自動運転バスの実証を25日から開始へ

月刊事業構想編集部(2020/2/20)

0
​ ​ ​

川口市とSBドライブは、国際興業、三菱スペース・ソフトウエアなどの関係企業と、自動運転バスの実証実験を実施する。鳩ケ谷駅前広場とSKIPシティをつなぐ往復3.4kmで、2020年2月25日から28日まで実施する。

実証実験では、地震発生時に揺れが到達する前に車両を停止させるシステムの検証や、歩行者がボタンを押した時にだけ歩行者用信号が青になる押しボタン式信号機と車両を連携させる検証などを行う予定だ。実験を通じて、自動運転バスの実用化に向けた課題を整理する。

自動運転バスは、日産ポンチョをベースに改造したもの。同バスの運行状況は、国際興業の営業所に設置したSBドライブの自動運転車両運行プラットフォーム「Dispatcher」を介して、国際興業の運行管理者資格保有者が遠隔で管理する。

川口市は、自動運転バスの実証と合わせて、自動走行するパーソナルモビリティの実証実験も実施する。こちらは日本工業大学、福山コンサルタントと協力して実施する。

KawaguchiBus.png
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。


初月無料キャンペーン実施中!

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中