事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

スタディプラス Z会などから7億円を資金調達

月刊事業構想編集部(2020/1/22)

0
​ ​ ​

スタディプラス(東京都千代田区)は、複数のベンチャーキャピタルや事業会社、個人投資家を対象とした第三者割当増資により、7億円を資金調達したと2020年1月20日に発表した。スタディプラスは、学習管理SNS「Studyplus」、教育事業者向け学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」、電子参考書サブスクリプションサービス「ポルト」を提供する企業。

調達した資金は、ポルトのサービス拡充に充てる。また開発・運営体制の強化にも投資していく。増資の引受先には、旺文社イノベーションファンド(月刊事業構想2019年3月号参照)、増進会ホールディングス、NSGホールディングス、新興出版社啓林館などの教育系企業が含まれている。今回の資金調達はシリーズCで、同社の累計での資金調達額は総額で約17億円となった。

studyplus.png
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる