事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

博報堂 生活者との共創型開発を支援するプログラムを提供開始

月刊事業構想編集部(2020/1/14)

0
​ ​ ​

2020年1月10日、博報堂は「博報堂ユーザー・イノベーション・プログラム」の提供を開始することを発表した。博報堂の企業のブランディングやイノベーション支援を行う専門組織「博報堂ブランド・イノベーションデザイン」が開発した。

生活者自身が革新的な製品を開発したり、既存製品を改良する「ユーザー・イノベーション」を取り込みたい企業向けのプログラム。スキルを持つ生活者(生活者イノベーター)のアイデアと企業をマッチングする。

同プログラムでは、生活者イノベーターとのワークショップからアイデア抽出を行う「リードユーザー型」、アイデア公募を行う「クラウドソーシング型」、SNSなどの口コミデータからアイデアを抽出する「文章解析AI型」の3つの手法を、企業の課題に合わせて用いる。生活者イノベーターとの共創を、プロジェクト設計からプロモーションまで、博報堂が支援するものだ。

Hakuhodo_usrinnov2020.png
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる