事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

九州電力など 東彼杵町で共同プロジェクトの事業検討を開始

月刊事業構想編集部(2019/12/17)

0
​ ​ ​

2019年12月13日、九州電力(月刊事業構想2020年1月号参照)は、長崎県東彼杵町で「Qでん にぎわい創業プロジェクト」の事業検討を開始したことを発表した。また同日、協業先の東彼杵人こともの公社(長崎県東彼杵郡)と覚書を締結した。

同プロジェクトは、九電グループの経営ビジョンに掲げた戦略の1つ「持続可能なコミュニティーグループ」の実現に向けた取り組みの1つ。持続可能な地域課題解決ビジネスを企画し、共同で実行することで地場産業の活性化と交流人口拡大・関係人口創出を目指す。協業先の団体の公募を2019年7月に行なっており、37団体から応募があった。今回の他のもう1団体は12月中に発表予定だ。

今後プロジェクトでは協業先の団体と、地域特産品を使った商品開発など、継続性のあるビジネスモデルの共同検討を行い、半年程度を目安に事業化を目指す考えだ。

Higashisonogi.png
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる