事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

外国人向け賃貸運営のレジデンストーキョー 双日のCVCを通じ増資

月刊事業構想編集部(2019/11/22)

0
​ ​ ​

サービスアパートメント・マンスリーマンション運営のレジデンストーキョー(東京都渋谷区)は2019年11月21日、双日(東京都千代田区)のCVCを通じた第三者割当増資を実施したことを発表した。
 
レジデンストーキョーは東京都内で約700室のマンスリーマンションを運営している企業。これらは、主に海外からの中長期滞在者向けの、家具付き賃貸住宅だ。自社物件の他、全国約7500室のマンスリーマンション事業者と提携し、物件紹介ネットワークを構築するとともに、マンスリーマンションのポータルサイトも運営している。同社の特徴は、従来のマンスリーマンションに、マルチリンガル対応やバーチャルコンシェルジュといったサービスを付与した物件を提供している点だ。
 
 今後両社は事業面でも協業をしていく。双日グループ各社とも連携をし、不動産運用・管理、賃貸マンションの開発・建設事業など、様々な事業でシナジー効果を追求していく考えだ。

serviceapart.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる