事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

三井不動産 新国立競技場徒歩1分に新ホテルを開業

月刊事業構想編集部(2019/11/13)

0
​ ​ ​

三井不動産と三井不動産ホテルマネジメントは、明治神宮外苑水泳場跡地に、「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア」を2019年11月22日に開業する。362室の客室に加え、フィットネスルーム、ゲストラウンジ、大浴場やルーフトップテラスなどを備えた施設。

2階には、暗闇を体感するイベント「ダイアローグ・イン・ザ・ダーク」の新体験施設が常設で出店する。「内なる美、ととのう暗闇。」と名付けられた施設で、自然や日本文化など、神宮外苑という場所ならではのコンテンツを提供する予定だ。

三井不動産ホテル・リゾート本部ホテル事業部長の小田祐氏(下写真)は、神宮外苑の杜プレミア以降もホテルを開業させていき、「2020年度までに運営客室数を1万室まで引き上げる」と今後の方針を語った。過去のオリンピック開催都市では、開催翌々年には外国人客数が回復する傾向があるという。2020年のオリンピック・パラリンピック後も、外国人観光客は増加すると予測しており、ホテル事業の拡大を図る計画だ。 

Mitusi_oda.jpg Mitsui_jingu.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる