事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

簡単に設定できるIoTへ オープンコミュニティを設立

月刊事業構想編集部(2019/11/6)

0
​ ​ ​

東芝と東芝デジタルソリューションズ(TDSL)は、IoTサービスのオープンな共創を目指す「ifLinkオープンコミュニティ」を2019年度中に設立し、2020年度から具体的な活動を開始すると、2019年11月5日に発表した。

これまでに、アルプスアルパイン、京セラ、クレスコ、Global Mobility Service、KDDI、ソフトバンク、ソラコム、デンソー、東京ガスが、同コミュニティのコンセプトに賛同している。東芝とTDSLが中心メンバーとなり、さらに多くの参加会員企業を募り、大規模なコミュニティを形成する考えだ。

ifLinkは、TDSLが自社で開発したIoTプラットフォーム。「ドアが開いたら(IF)、ライトが光る(THEN)」のように、IF-THEN型の設定で、スマートフォンにつながる機器同士を自在に操作できるものだ。ifLinkオープンコミュニティでは、便利な使い方やアイデアの創出をユーザーの立場から発想する「共創コミュニティ」や、会員同士がさまざまなIoT機器・デバイスやWebサービス・アプリケーションを相互連携して、迅速に試作品を開発する「開発コミュニティ」などの活動を予定している。会員企業は、実証用のテスト環境や企業間のネットワークを通じたIoTサービスの創出と、早期のビジネス化を目指す。

iflink.png
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる