事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

トヨタとプリファードネットワークス サービスロボットの共同開発に合意へ

月刊事業構想編集部(2019/8/8)

0
​ ​ ​

2019年8月7日、トヨタとプリファードネットワークスは共同開発に合意したことを発表した。生活に寄り添うサービスロボットを早期実現させることを目的としている。

プリファードネックスは深層学習技術を応用し、自動車や産業用ロボットの知能化に取り組んでいる企業。

ロボットの活用範囲は多岐にわたるが、一般的な生活環境の中で適切な判断や対応をするサービスロボットの開発には未だ多くの課題がある。今後3年間で行われる研究開発で、両社の有する知的財産等の情報も含め、技術やノウハウ、共同研究の成果を自由に活用しながら、多様なニーズに応えることのできるサービスロボットの開発を目指していく。

開発のプラットフォームにはトヨタの生活支援ロボットHuman Support Robot(HSR)が用いられる。HSRは2012年に、身体の不自由な人や高齢者をサポートするために開発されたパートナーロボット。これまでに国内外で13カ国、49機関で研究開発に活用されている。

toyota_robot.png
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる