事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

クリーニングチェーンと古着買取企業が戦略提携

月刊事業構想編集部(2019/7/26)

0
​ ​ ​

ホワイト急便を展開する日本さわやかグループ(熊本市)と、ファッション古着の買取・販売企業のベクトル(岡山市)は、 2019年7月25日、買取における戦略的業務提携を締結した。衣類をクリーニングに出す際の、「ついで売り」の需要を取り込む。

熊本県内にある一部のホワイト急便店舗で、衣類やブランド品の買取受付を始める。ホワイト急便のスタッフが顧客の衣類を預かり、査定はベクトルのスタッフが行う。ホワイト急便は、買取商品の点数に応じてクリーニングのクーポンを発行することで、顧客満足度を高めることを狙う。さらに、買取を目的とした、新規顧客の来店も見込んでいる。

ホワイト急便の顧客の平均年齢は50~60代。ベクトルとしては、リサイクルショップに来店しない、比較的年齢の高い層と接点を持ちたい考えだ。ホワイト急便が運営しているクリーニングのルート便で商品を運べば、送料や新規出店のコストを抑制する効果もある。7月2~7日に熊本市内で実施した実証テストでは、買取45件、買取点数546点、衣類を持ち込んだ顧客の平均年齢は54歳で、クリーニングの際に不要な衣類を持ち込む「ついで売り」のニーズがあることが示されている。

ついで売り.png
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる