事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

無人店舗をマンション共用部に 顔認証技術を使用

月刊事業構想編集部(2019/7/25)

0
​ ​ ​

2019年7月24日、ジョイフルサンアルファ(長崎市)、あなぶきハウジングサービス(高松市)、NECソリューションイノベータは、3社共創によるマンション内の無人店舗の実証実験を行うことを発表した。

あなぶきハウジングサービスが管理受託をする分譲マンション「コアマンション長崎ガーデンヒルズ」のエントランスロビーに、24時間営業の小型無人店舗を設置。無人店舗によって居住者に食から住へのダイレクトアプローチを試みる。長崎県にスーパーを展開するジョイフルサンアルファが運営面を担い、産直の野菜や果物などを提供する。

無人店舗は、顔認証技術を利用したNECソリューションイノベータの入退室管理技術と、デジタルサイネージによる情報提供を組み合わせたキーシステムを用いる。こういった無人店舗は国内初の試み。実験の実施期間は2019年8月30日から2020年8月29日まで。実験を通して、無人店舗の事業性の判断や、システム・技術など運用における検証や課題抽出を行う予定だ。

AI.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる