事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

JR東日本スタートアップとサインポスト 無人AI決済の合弁会社設立

月刊事業構想編集部(2019/6/26)

0
​ ​ ​

JR東日本スタートアップとサインポスト(東京都中央区)は、2019年6月25日、合弁企業TOUCH TO GOを設立することを発表した。無人AI決済店舗の実現を目的としたものだ。両社は無人コンビニの開発を共同で進めており、2018年10月には赤羽駅構内で無人決済システムの実験店舗を設置、実証実験を実施していた(月刊事業構想2018年12月号参照)。

TOUCH TO GOは、JR東日本スタートアップとサインポストが半分ずつ出資して、7月1日に設立される。資本金は3億円。社長 にはJR東日本スタートアップの阿久津智紀氏が、副社長にはサインポストの波川敏也氏が就任する。合弁会社を設立することで、無人AI決済店舗の開発を加速させる。

Teikei_shakehands.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる