事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

完全自動運転車を開発するアセントロボティクス 日本マイクロソフトと協業

月刊事業構想編集部(2019/5/30)

0
​ ​ ​

2019年5月29日、アセントロボティクス(東京都渋谷区、月刊事業構想2018年2月号参照)は日本マイクロソフトのクラウドであるAzureを自動運転テクノロジーの開発に活用するため、同社と協業することを発表した。

アセントロボティクスは、ドライバーを必要としない完全自動運転車の開発を進めるスタートアップ企業だ。3D空間で仮想的に車を走らせてAIに経験を積ませることで、より短時間に自動運転を実現するAI教育を行なっている。

今回活用することを発表したマイクロソフトのAzureは世界54の国・地域で展開されている。セキュリティ認証、データプライバシーの取り扱い、幅広いAI、IoTサービスを有することが採用の決め手になった。アセントロボティクスは完全自動運転のためのAI学習環境にこのクラウドを活用していく予定だ。

Acent1711.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる