2018年2月号
購読申込み のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

未来鳥瞰 ~2018年の新市場~

2020年、完全自動運転が実現? 日本発、学習するAI

フレッド・アルメイダ、石﨑 雅之(アセントロボティクス)

1
​ ​ ​

自動車メーカーだけでなく、Googleなども参入し、自動運転をめぐる競争は激化している。その市場において、存在感を高めているスタートアップが、アセントロボティクスだ。2020年までに、ドライバーの関与を不要とする「完全」自動運転車の実現を目指している。

フレッド・アルメイダ(アセントロボティクス 創業者・チーフアーキテクト)

2017年11月、ラスベガスで自動運転のバスが配送トラックと衝突する事故が起きた。自動運転バスは、配送トラックが後退してきたのを察知し、停止したものの、バスの存在に気づかなかったトラック側がそのまま動き続けて接触事故が起きた。

完全自動運転を実現するAI(人工知能)の開発を行う企業、アセントロボティクスの創業者、フレッド・アルメイダ氏は「その車のAIは、周辺環境の変化に応じた適切な判断ができなかった。これでは完全自動運転車とは言えない」と指摘する。

石﨑 雅之(アセントロボティクス 代表取締役CEO)

経験を通し、自己学習するAI

アセントロボティクスは、AIの専門家であるアルメイダ氏と、デロイトトーマツコンサルティング執行役員だった石﨑雅之氏が、2016年9月に日本で立ち上げたスタートアップだ。

残り82%

1
​ ​ ​

バックナンバー


メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

最新情報をチェック。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる