事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

つくば地域活性化ファンド 睡眠測定ベンチャーに投資

月刊事業構想編集部(2019/2/18)

0
​ ​ ​

筑波銀行は、「つくば地域活性化ファンド」から、S'UIMIN(スイミン)(茨城県つくば市)に投資をしたことを2019年2月13日に発表した。同ファンドの第9号案件となる。

S'UIMINは、睡眠障害の診断支援のため、装着性の良い脳波測定ウエアラブルデバイスと、AIを用いた自動解析による睡眠測定事業を行っている。文部科学省の「地域イノベーション・エコシステム形成プログラム」に採択された、「医療・先進技術シーズを用いた超スマート社会の創成事業」(つくばグローバル・イノベーション推進機構・茨城県)の成果を事業化するために、2017年10月に設立された筑波大学発のベンチャー企業だ。2018年11月には、スパークス・グループが運営する「未来創生(1号)ファンド」と「未来創生2号ファンド」から計7億円を調達している。

筑波大学.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる