事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

札幌市など 3000円で1日乗り降り自由の相乗りAIタクシー実証実験開始

月刊事業構想編集部(2019/1/25)

0
​ ​ ​

札幌市、札幌観光協会とNTTドコモ、NTTテクノクロス、日本電信電話(NTT)は、札幌の主要観光地を結ぶ「さっぽろ観光相乗りタクシー」および観光施設の電子チケットを提供する実証実験事業を開始すると2019年1月24日に発表した。

実証実験は、主に観光客の利用を想定しているが、利用は誰でも可能。予約や決済はWeb上で行う。普通タクシーとジャンボタクシーを併用し、最大15台が実験に参加する。利用者は、9時から17時までの間、3000円の利用料金で、市内8カ所の観光施設と宿泊施設、計16カ所の乗降場所で自由に乗り降りできる。

NTTドコモのオンデマンド型交通サービス「AI運行バス」を用い、AI処理で配車することにより、目的の降車場所まで、効率的な乗合運行を実現する。乗降場所は、札幌市が実施しているオープンデータプラットフォーム「DATA-SMART CITY SAPPORO」で収集したデータをもとに選定した。

キャッシュレス化を進めるため、乗降場所のうち丸山動物園、さっぽろ羊ヶ丘展望台、さっぽろテレビ塔は電子チケットにも対応する。実施期間は、20191年1月25日から2月24日までだ。

大通公園.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる