事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

国交省 高速バスのサービスエリアでの乗り換え実証実験を開始

月刊事業構想編集部(2019/1/21)

0
​ ​ ​

国土交通省は、高速道路サービスエリアを活用した、高速バスの乗り換えサービスの社会実験を2019年2月21日から1カ月間、実施する。2019年1月18日に発表した。

対象となるのは、長野から成田空港への高速バスでの移動だ。現在は、一旦長野から新宿まで移動し、バスタ新宿で成田空港行きに乗り換えている。実験では、アルピコ交通・京王電鉄バスの長野駅発新宿行きの便から、関越道高坂サービスエリアで、関越交通・千葉交通の前橋発成田空港便に乗り換える。

長野から成田空港までのバス料金は6000円(週末、休前日は別料金)。ETC2.0によるバスロケーションシステムにより、サービスエリア内のデジタルサイネージと専用アプリから、乗り換え便の接近状況を確認できるようにした。圏央道を経由するルートを使用することで、都心を経由する既存ルートと比べ、30分程度の時間短縮が見込めるという。国交省では2018年11月に、同じ内容の先行実験を実施している。

Bus.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる