事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

観光庁 訪日外国人の2018年国内消費額は4.5兆円

月刊事業構想編集部(2019/1/17)

0
​ ​ ​

観光庁は、2019年1月16日、訪日外国人消費動向調査2018年の速報値を発表した。

2018年の訪日外国人旅行消費額は4兆5064億円。2012年以降、7年連続で前年を上回っている。2018年の消費額は、1人当たり15万3000円となった。

国籍・地域別に訪日外国人旅行消費額を見ると、中国が構成比34.1%の1兆5370億円、韓国が同13%の5842億円、台湾も同13%の5839億円。香港、米国と続き、上位5カ国・地域で全体の73.9%を占めた。また消費額の費目別では、買物代が最も多い34.7%を占め、次いで宿泊費29.3%、飲食費21.7%の順になっていた。

1人当たりの旅行支出を分析すると、最も多いのはオーストラリアの24万2000円、次がスペインの23万7000円、イタリアの22万4000円。費目別では、買物代(5万1000円)、宿泊費(4万6000円)、飲食費(3万4000円)の順となっていた。

同調査は2018年から、短期滞在が多いクルーズ客の動向も調査対象として加えたため、2017年との単純な比較はできない。仮に、2017年以前の推計方法で2018年の旅行消費額を推計すると4兆8000億円となり、前年比の伸び率は8.7%となる。

inbound1712.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる