事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

東京オリ・パラ ボランティアネーミングを4案に絞り込み

月刊事業構想編集部(2018/12/12)

0
​ ​ ​

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、2018年12月11日、東京2020大会スタッフおよび都市ボランティアの名称の、最終候補4案を発表した。

ネーミング選考委員会により選定された最終候補は、(1)フィールドキャストとシティキャスト、(2)ゲームズフォースとシティフォース、(3)ゲームズアンカーとシティアンカー、(4)シャイニングブルーとシャイニングブルートウキョウ、の4つ。

この4案については、商標、IOCの確認を実施済み。ボランティアに応募が完了した人の投票により、正式なネーミングを決定する。投票は2019年1月20日までだが、ボランティアへの応募締切は2018年12月21日17時までとなっている。投票の結果は、2019年1月下旬に発表される。

東京五輪ボランテイアネーミング.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる