事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

地域エネルギー供給をSDGsの視点から考えるシンポジウムを開催

月刊事業構想編集部(2018/10/16)

0
​ ​ ​

日本ビジネス出版 「環境ビジネス」は、「シンポジウム:低炭素化推進と持続可能な地域づくり」を2018年11月30日に開催する。会場は、佐賀県佐賀市の佐賀商工ビル。学校法人先端教育機構 事業構想大学院大学と、同社会情報大学院大学が後援する。

シンポジウムでは、佐賀市環境部理事の森清志氏が、佐賀市バイオマス産業都市構想について講演する。佐賀市は、バイオマス産業都市として、清掃工場と下水浄化センターなどの施設に集まるごみや排水などをバイオマス資源として、エネルギーや資源に変え循環させる取組を行っている。シンポジウムでは、先進自治体としての活動を紹介する。

また、エックス都市研究所代表取締役の内藤弘氏が、エネルギーに関連する最先端の政策・施策動向を解説するほか、Looop(東京都台東区)の取締役戦略本部長兼電力事業本部本部長の小嶋祐輔氏が、自治体新電力の立ち上げや、事業を成功させるポイントなどを講演する。これらの後、3者がパネルディスカッションし、低炭素化の推進と、持続可能な地域づくりについて議論する予定だ。

セミナーの詳細はこちら

環境ビジネスさがセミナー.png
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる