事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

LINE 2019年春からテイクアウト事業に参入

月刊事業構想編集部(2018/10/4)

0
​ ​ ​

LINEは、2019年春から「LINEテイクアウト」サービスを開始することを発表した。事前に注文し、決済もLINE上で済ませる。2017年7月に開始したフードデリバリーサービス「LINEデリマ」と合わせて、中食の市場を開拓する。

LINEテイクアウトでは、近隣レストランの検索や事前注文、決済の他、タイムセール情報などもユーザーに提供する。飲食店側は、余剰食材を利用したテイクアウト商品を販売することで、店舗運営を効率化したり、フードロスを削減したりすることが可能になる。

また、テイクアウトに対する消費者のニーズもあるとLINEでは考えている。ファストフード店において、LINEデリマを通じてテイクアウト向けのクーポンを顧客に配布したところ、通常の宅配で使用できるクーポン訴求に比べ、コンバージョン率が上昇したという。2019年10月に予定されている消費税率引き上げでは、外食は消費税率引き上げの対象となるが、テイクアウトと宅配は軽減税率の対象品目となっている。魅力的なテイクアウト・メニューを提示できる飲食店には、売上を増やす機会ともなりうる。

takeout.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる