事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

JCB サインポストが開発した人工知能搭載レジの実証実験を開始

月刊事業構想編集部(2018/9/4)

0
​ ​ ​

JCBは、人工知能搭載レジ「Wonder Register(ワンダーレジ)」を用いた店舗支援の実証実験を、JCB高田馬場オフィス内で2018年9月下旬から開始する。ワンダーレジは、サインポスト(東京都中央区)が開発中の新しいレジ。

実証実験では、画像認識技術を用いて、JCB高田馬場オフィス内の店舗で販売されている商品や弁当などを人工知能が瞬時に認識し、購入金額を算出する。ワンダーレジを実際の買い物に使用し、利便性や実用性を検証する。JCBでは、同製品の実用化から、店舗でのレジ要員不足や待ち行列の解消、ユーザー利便性の向上、JCB加盟店の業務効率化などの効果を期待している。

実証実験後は、業務効率化に貢献する他のソリューションを比較・検討した上で、JCB法人カード導入企業のオフィス内への設置提案をする。また、生体認証決済など、JCBが研究中の新しい決済手段を採用した無人レジへの搭載も検討する。

AI.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

2018年4月号「SDGs×イノベーション」完売!

会員になって購読すれば、バックナンバー全記事が読めます。PC・スマートフォン・タブレットで読める電子ブックもご用意しています。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる