事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

AR知育テーマパーク運営のプレースホルダ 常設パークを開設

月刊事業構想編集部(2018/6/12)

1
​ ​ ​

オーギュメンテッド・リアリティ技術を用いた子ども向けデジタルテーマパーク事業を進めるベンチャー企業のプレースホルダ(東京都品川区)は、初めての常設パークをららぽーと新三郷に開設することを2018年6月11日に発表した。オープンは2018年7月を予定している。プレースホルダは、2017年度には商業施設に期間限定のデジタルテーマパークを出店していた。(関連記事・月刊事業構想2018年7月号参照

新設する「リトルプラネット ららぽーと新三郷」は、約160坪の敷地に13アトラクションを用意する。うち6アトラクションは、新三郷が初公開となる。新アトラクションの1つ「ZABOOM」は、センサー10台とプロジェクター8台を備えた「デジタルボールプール」。3万個以上のボールにプロジェクションマッピングを組み合わせ、幻想的な空間を演出し、触覚・視覚・聴覚を刺激する。

リトルプラネットのアトラクションは、他にAR砂遊び「SAND PARTY! 」や、展開図に塗る配色で強さが変わるデジタル紙相撲「PAPER RIKISHI」など。子どもと家族に、ゲームとも自然の中での遊びとも異なる経験を提供する。

Little planet.jpg
1
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

社風が変わる、イノベーターが育つ

地方創生・イノベーションにつながるアイデアと思考に注目!

志高い、ビジネスパーソン・行政・NPO職員・起業家が理想の事業を構想し、それを実現していくのに役立つ情報を提供する、実践的メディア。

最新情報をチェック。

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。さらに

会員の特典をもっとみる