事業構想ニュース

事業構想オンラインニュース

電通国際情報ほか 横浜で市民参加型合意形成の実証実験を開始

月刊事業構想 編集部(2020/12/28)

0
​ ​ ​

電通国際情報サービス(ISID)のオープンイノベーションラボ(イノラボ)は、ISID子会社のITID、横浜みなとみらい21と共同で、多様な市民の声を拾い上げ、政策に反映させるデジタルプラットフォーム「Decidim」の実証実験を2020年12月より2021年3月の予定で横浜市内において実施する。2020年12月25日に発表した。

「Decidim」は、欧州を中心に幅広く利用されるデジタルプラットフォーム。バルセロナでは、2015年から4年間で4万人がDecidimから政治参加し、都市に暮らす人々の生活に直結する議題などに対し、1万を超える提案から約1500のプランが採択されている。

今回の実証実験は、イノラボの住み良い街づくりを実現する「シティエンゲージメントプラアットフォーム」構想の一環。企業の研究開発拠点やスタートアップ、大学等が続々と進出し、イノベーションエリアの環境づくりに取り組んでいる、横浜都心臨海部(横浜駅~みなとみらい21~関内周辺地区)において実施する。実証実験参加者に対し、Decidim上で情報を共有、意見収集や議論等のコミュニケーションを可視化、集約化し、同地区の取り組みに結びつけることを目指す考えだ。

Yokohama横浜.jpg
0
​ ​ ​

バックナンバー

メルマガで記事を受け取る

メルマガ会員限定で、
ピックアップしたオンライン記事を
毎日お届けします。

以下でメルマガの登録ができます。

購読申し込みで全記事が読める

初月無料キャンペーン実施中

バックナンバー検索

注目のバックナンバーはこちら

最新情報をチェック。

会員になると 最新「事業構想」が読み放題。今なら

初月無料キャンペーン実施中